ペライチを展開するホットスタートアップが『株式会社ペライチ』に社名変更!!

誰でも簡単にWebページを作成できるサービス「ペライチ」を開発・運営する株式会社ホットスタートアップが、2017年5月9日(火)より、社名を「株式会社ペライチ」に変更した。

弊社(ビジップ株式会社)は、今年の4月からペライチの福岡県代表サポーターを務めており、勉強会も複数回開催しています。

 株式会社ペライチ創業者 山下氏が、福岡で登壇するセミナー(5月30日)の詳細はこちら

▶︎専門知識は必要なし!誰でも簡単にWebページを作れる『ペライチ』セミナー

今回は、そんなペライチについて改めてご紹介。

ペライチとは?

(画像:ペライチ公式ページより)

ペライチは、デザインやHTMLなどの専門知識がない人でも、「簡単に・素早く」Webページを作成できるサービス

基本機能は無料で利用でき、お店のホームページや企業の採用ページ、イベントページやLP(ランディングページ)まで、幅広い種類のWebページを作成することが可能。

豊富なテンプレートから自分の好きなものを選び、まるでプロがデザインしたようなページを短時間で作成することも可能。登録ユーザー数は40000を超える。

ペライチの特徴の詳細については、こちらの記事をチェック!

文系学生でも簡単にホームページが作れる「ペライチ」の3つの特徴

2017.01.08

ペライチという名前に込められた想い

社名変更に関するリリースによると、創業者の山下翔一氏曰く、ペライチの名前には下記のような想いが込められているとのこと。(太字:筆者)

・まずはシンプルに1ページで自分の想いを伝えよう!
・初見の皆さんでも憶えやすく4文字以内の名前に。
・「カンタンそう!」と感じていただくために半濁音を入れることでポップ感を醸成。
・「A4ペライチでまとめといて!」というように、業界によってはペライチという言葉が一般的に使われるため、イメージのショートカットをしていただける。
・「ペライチってなに?」と聴かれたときに「ペラ1枚のWebページを誰でもカンタンにつくれるサービスだよ!」などとサービス名とサービスのコンセプトがリンクしていることで説明しやすい。
・「ペラ」も「イチ」も常用ワードのため「ペライチ」という言葉を聞いたことがなくても何となく意味が伝わる

 

ペライチのこれから


(画像:ペライチ公式ブログより)

社名を変更した株式会社ペライチが注力するのは、下記の2点だそう。

①本格的なユーザーの増加

一億総ホームページ時代を目指し、WEBページという武器を小規模の法人から個人に至るまで、お金や制作に関するスキルや知識がなくても当たり前のように手にしていただける社会を実現して参ります。そのために、ページを作るための技術的ハードルや、デバイスなどの環境によるハードルをさらに低くするとともに、制作代行サービスなどもご提供していく予定です。

②ユーザーの成長への寄与

弊社がビジョンとして掲げる「 ”つくれる” のその先へ 」を実現すべく、ページを作成した後の「集客や売上」にコミットしていける体制を、自社による機能開発、パートナー企業との連携、およびペライチのサポーターの協力を得ながら整えて参ります。

全国に広がるサポーターの勉強会やセミナーでは、単純な「ペライチ」の説明だけでなく、実践的なワークショップも開催されている。

最後に

ペライチは、九州・福岡でも広がりを見せている。2017年2月1日には、47都道府県ペライチ認定サポーター制度もスタートさせた。

登録ユーザー数が40000を超えた「ペライチ」。そんなイケてるサービスの今後に期待したい。


 

▶︎お知らせ

7月22日(土)、「リリースから2年で4万ユーザーを獲得した『ペライチ』から学ぶ広報・PRセミナー」を開催します!

広報やPRでお困りの方、悩んでいる方、必見のセミナーとなっております。

当日は、ペライチ創業者の山下氏に加え、PRパーソンをサポートするPRサポーターズ代表理事 小堀氏も登壇されます。

事前決済で参加費が1000円に


●こちらの記事も合わせて読みたい!